元気な人を対象にした老人ホーム

老人ホーム

元気な人を対象にした老人ホーム

老人ホームについて

画像

老人ホームは要支援や要介護といった言葉を想定する人も多く、実際、ほとんどのタイプは入居条件の1つに掲げています。
一方、全く健康な高齢者を対象としたタイプもあり、自立型有料老人ホームがこれに該当します。
正式には介護付もしくは住宅型と呼ばれており、最大の魅力は自由なスタイルで生活できることがあります。
老人ホーム全体ではまだ1割程度と数は少ないものの富裕層を中心に人気を集めており、夫婦で入居するケースが多いことも特徴の1つです。
施設には介護スタッフが24時間365日常駐しており、日常生活の相談から緊急時の対応まで受けることができます。
また看護師も常駐しているために充実した医療サポートも提供され、協力医療機関への送迎サービスを設けているケースもあります。
食事は3食提供されるものの利用は任意で構わず、部屋には通常のマンション同様の設備が設けられているために自分たちで作ることも可能です。
趣味部屋など自由に使える共用設備も充実しており、中には大浴場やプールまで用意されている施設もあります。
入居一時金や毎月の使用料など費用面が高額になるデメリットはあるものの、ここでは、仮に24時間の介護サービスが必要になったとしても転居せずに終身にわたり生活をすることができます。